Azureで無料SQLを利用する方法

はじめに

今回は少し技術的な話となってしまいますが、無料で使えるクラウドサービスを紹介したいと思います。今回は、マイクロソフトのSQLと言われるDBを無料で使う方法です。

以前は割と探しやすかったのですが、なぜか普通に操作すると見つからないのと、見つけ方を説明しているページが見つからなかったので、今回簡単ではありますが、紹介したいと思います。

見つけ方

1.まずAzureポータルサイトから、「リリースの作成」を選び、検索画面で「WebApp + SQL」と入力しましょう。

2.「作成」を選択します。

3.あとは適当に入力してもらって、肝心の「SQL Database」を選択してみましょう。

4.「ターゲットサーバー」も適当に入力すると、下図ののようにデフォルトでは有料プランが選択されます。こちらを選択して変更しましょう。

5.すると「Free」プランが選択出来るようになります。

たったこれだけです。

私の説明を見ると、何か特別な事はしていないのですが、実は普通にはSQLのデータベースを無料では作れないんです。
SQLデータベースだけを作ろうとしたり、他の方法で作ろうとしたら、この無料プランがなぜか表示されません。他にも入り口があるのかもしれませんが、今のところ、裏ワザ画面みたいに、この方法しか無いと思われます。

けど無料なので、以下の制限があるのは、ご注意ください。
・容量は32Mまで。
・期限は365日。

まとめ

いかがだったでしょうか?この記事を活用する方は、かなり少数かと思いますが、テストで利用するのに、課金を気にせずに行えるのは助かりますよね。
もしクラウドを利用して、遊んでいる方は、参考にしてみてください。

IT

Posted by スングル