ラズパイをProxy環境下で利用する為の設定

はじめに

会社などでは、Webなどの通信を検閲する為にプロキシを利用することがあります。このような環境下でラズパイを使うと、アップデートなど色々な事が出来ません。
今回は、そのような特殊な場合でラズパイを利用する場合の、プロキシ設定の方法を取り上げたいと思います。

設定方法

以下の3つのファイルにプロキシサーバを設定するだけでOKです。
(今回サンプルとして、プロキシサーバを10.1.1.5でポート3128としています。こちらはご自分の環境に合わせてください。)

1.apt用の設定ファイルの変更を行う。

sudo nano /etc/apt/apt.conf
Acquire::http::proxy "http://10.1.1.5:3128/";
Acquire::https::proxy "https://10.1.1.5:3128/";
Acquire::ftp::proxy "ftp://10.1.1.5:3128/";
Acquire::socks::proxy "socks://10.1.1.5:3128/";

2.環境設定の設定ファイルを変更する。

sudo nano /etc/environment
http_proxy=http://10.1.1.5:3128/
https_proxy=http://10.1.1.5:3128/
ftp_proxy=http://10.1.1.5:3128/

3.ログイン時に読み込まれる.bashrcファイルを変更する。

sudo nano .bashrc
export http_proxy=http://10.1.1.5:3128/
export https_proxy=http://10.1.1.5:3128/
export ftp_proxy=http://10.1.1.5:3128/

まとめ

いかがだったでしょうか?最低限の設定となりますが、このようにきちんとプロキシサーバを設定してあげれば、ラズパイをプロキシ環境下でも問題なく利用することが出来ます。