ローカルにあるNTPでWindowsの時間同期を行う方法

はじめに

Windowsで、標準で設定できるインターネット時刻を使わずに、自分のローカル内にあるNTPサーバを指定する場合、コマンドで行う必要があります。
今回は私の備忘録として、この記事を書かせていただきました。

現在の時間設定の確認

以下のコマンドで確認することが出来ます。

w32tm /query /status

上記のコマンド自体でエラーが出ている場合は、“Windows Time”サービスが起動していません。サービスより、起動して再度試してみましょう。

コマンドの結果にある「ソース」ってところを見ると、そのPCがどこの時間を利用しているかを知ることが出来ます。

任意の時間ソースの設定方法

以下のコマンドで設定が可能です。

w32tm /config /update /manualpeerlist:192.168.10.1 /syncfromflags:manual

192.168.10.1の部分を自分のローカル環境にあるNTPを設定します。

設定に基づいて時間を同期する

以下のコマンドで設定が可能です。

w32tm /resync

まとめ

他にも細かなコマンドはありますが、この3つあれば基本的には設定が出来そうです。
詳しく知りたい方、本ページの内容をキーワードにググってくださればと思います。