ヘイズ通知機能の作り方(その2)-設定編

はじめに

前回は、通知システムを作る為の準備を行いました。今回は実際にその設定を行っていく事にしましょう。準備編は過去の記事をご覧ください。

自動的にチェックするプログラムを作成する

プログラムと言っても、サンプルを載せますので、指定の場所のみ変えてもらえれば、大丈夫です。

1.Googleドライブを開き、「新規」から「Google App Script」を選択します。

①.もしない場合、「アプリを追加」を選択します。

②.「Google Apps Script」を検索し、「+接続」を選択します。

2.下記のコードをコピペしてください。

// IFTTTにWebHookをPOSTする
function sendIFTTTWebHook(endpoint, value) {
  var message = {
    "value1":value
  };

  var options = {
    "method":"POST",
    "headers": {
      "Content-Type":"application/json"
    },
    "payload":JSON.stringify(message)
  };

  UrlFetchApp.fetch("https://maker.ifttt.com/trigger/" + endpoint + "/with/key/xxxxxxxxxx", options);
}

//ヘイズの情報取得
function getHaze(geo) {
  var text = UrlFetchApp.fetch("https://api.waqi.info/feed/geo:" + geo + "/?token=yyyyyyyyyy").getContentText();
  var jsontxt = JSON.parse(text);
  var data = jsontxt["data"]["aqi"];
  return data;
}

// メイン
function main() {
  var aqi = getHaze("3.1665733,101.6524203"); 
  if(aqi1>=150){
    sendIFTTTWebHook("triger_haze", "自宅:" + aqi );
  }
}

以下を修正して自分用にカスタマイズしてください。

修正箇所説明
xxxxxxxxxx「メモ1」の値
yyyyyyyyyy「メモ2」の値
3.1665733,101.6524203「メモ3」の値
aqi1>=150数値が150を超えたら警告するように設定しています。

3.「保存」ボタンを選択してください。

4.適当な名前を付けて保存してください。

トリガーの設定

今回は1時間ごとにチェックするように作ってみたいと思います。

1.チェックするタイミングを設定します。「時計」ボタンを選択してください。

2.「トリガーを追加」を選択します。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は LF011_07.jpg です

3.下記のとおり設定し、「保存」を選択します。

4.「詳細」を選択し、「sample01(安全ではないページ)に移動」を選択します。

5.「許可」を選択します。

まとめ

これで全ての設定は完了です。無事通知が届くようになったでしょうか?
ヘイズの時期には、ぜひ今回の情報を活用してみていただけたらと思います。
では健康には気を付けて、マレーシアライフを楽しみましょう!!

IT,生活

Posted by スングル