Windows11の標準機能でAndroidを動かす方法(Windows Android Subsystem)

はじめに

Windows11の目玉機能のひとつは、やはりAndroidアプリが動くことではないでしょうか?
まだ英語でプレビュー版しか使えない機能を無理やり、インストールして使えるようにする方法を紹介したいと思います。

インストール方法

1.「Microsoft Store」経由ではなくて、Web経由でアプリをダウンロードします。

2.検索ボックスに以下をコピペします。

https://www.microsoft.com/store/productId/9P3395VX91NR

※ダウンロードのオプションは「Slow」を選択。

3.リストが出てくるので、一番下にある「MicrosoftCorporationII.WindowsSubsystemForAndroid _****.msixbundle」をクリックし、ダウンロードします。

4.「Windowsターミナル(管理者)」を起動し、下記のコマンドを実行します。

add-appxpackage –Path [ダウンロードしたファイルのフルパス]

5.コントロールパネルより、「Windowsの機能の有効化または無効化」を開き、下記を有効にします。

  • Hyper-V
  • 仮想マシンプラットフォーム

6.Windowsを再起動します。

7.「Android用Windowsサブシステム設定」を起動し、以下の設定を行います。

  • 「開発者モード」を有効にします。
  • 「ファイル」を一度だけ開きます。

8.APKファイルをダウンロード出来るように、「WSA_Pacman」をダウンロードして、インストールします。

(インストール版を入れればAPKファイルをダブルクリックしたら、インストール出来るようになります。)

まとめ

いかがだったでしょうか?
Androidアプリが、Windowsのアプリと同じように簡単に起動できるようになるのは、結構便利ですよね。
是非、Windows11のPCのお持ちの方はお試しください。

IT

Posted by スングル