低価格Synologyモデルの必須設定

2022年8月8日

はじめに

前回SynologyのNASの紹介をしました。

今回は、一番低価格なモデルである「DS120j」や「DS220j」などのCPUやメモリが貧弱なNASでの必須設定項目を扱っていきたいと思います。

設定のポイント

以下の2つの設定は必須かと思います。

1.ファイルの履歴機能は利用しない。

これも便利な機能ですが、過去バージョンに戻すなどの必要がなければ、切った方が良いと思います。そのまま利用すると容量が2倍程取られてしまいます。

2.インデックス機能は利用しない。

インデックス機能は便利ですが、低価格モデルはメモリが少ないため、動作がとても重くります。最悪フリーズしたかのようになってしまいます。

ファイルの履歴機能の停止

1.「Synology Drive Adminコンソール」を開き、「チームフォルダ」の中でバージョン管理しているフォルダを選択してから、「バージョン管理」を選択します。

2.一番上の「バージョンコントロールを有効にする」のチェックを外す。

インデックス機能の無効化

1.コントロールパネルから「タスクスケジューラー」を選択します。

2.「作成」>「予約タスク」>「ユーザー設定のスクリプト」を選択します。

3.タスク名は適当につけて、イベントは「ブートアップ」を選択します。

4.コマンドの部分に、以下のとおり記述します。

synoservice --disable pkgctl-SynoFinder

まとめ

いかがだったでしょうか?これでやっと普通に動くNASの完成って感じです。
お金の余裕のある方は、やはりグレードの高いNASをお勧めします。

他にも低価格モデルでのお勧め設定がありましたら、また紹介したいと思います。

IT,NAS

Posted by スングル