Windows11でGrowiの構築・再構築方法

はじめに

今回はWindows11でもGrowi環境をDockerで構築する方法を紹介したいと思います。
以前紹介したSynologyで作ったGrowiのバックアップの復元テストにも使えるので、良かったので試してみてください。

Windows11での環境構築

1.Docker Desktopをインストールします。(docker-composeもインストールされます。)
下記からダウンロードしてインストールしてください。

※「WSL 2 installation is incomplete」というエラーが出る場合は、以下よりwsl_update_x64.msiをダウンロードしてインストールする。

2.「growi-docker-compose」をダウンロードする。(Zip形式)

3.適当なフォルダで解凍する。(例:C:\tools)

4.フォルダの中にある「Dockerfile」を編集する。

FROM weseek/growi:4.5.4-nocdn 

※ 「4.5.4-nocdn」の部分は、下記のサイトより最新バージョン名を検索して指定する。

5.docker-compose.yml を編集する。
(追加したり、コメントを解除したりする。)

ports:
	- 3000:3000
environment:
	- PASSWORD_SEED=●●●●
	- FILE_UPLOAD=mongodb
	- MATHJAX=1
	- NO_CDN=true

6.コンテナを起動する。

docker-compose up -d

※ 社内ネットワークでは、構築時のダウンロードが出来ないので、その場合はT2Globalを利用してください。

7.127.0.0.1などアクセスし、正常にGrowiが起動していることを確認し、一度適当なユーザを作成し、ログインしてみる。

データの復元

1.コンテナを全て停止する。

docker-compose stop

2.対象のバックアップファイルをmongoDBのコンテナにコピーする。

docker cp mongodb.archive growi_mongo_1:/

※ 「growi_mongo_1」は、dockerのmongodbのコンテナ名を指定する。

3.コンテナを再度起動する。

docker-compose up -d

4.DBの復元の復元コマンドを実行する。

docker exec -d growi_mongo_1 mongorestore --drop --archive=mongodb.archive

※ growi_mongo_1は、dockerのmongodbのコンテナ名を指定する。

5.127.0.0.1などアクセスし、データが復元されていることを確認する。

番外編

環境を全て消す

下記のコマンドで行います。(作り直す時などに利用してください。)

docker-compose down --rmi all --volumes --remove-orphans

設定ファイルを書き換えて再構築を実行する場合

下記のコマンドで行います。

docker-compose up -d --build

まとめ

いかがだったでしょうか?
特に難しい設定をしなくても、Dockerを使って簡単に環境を作れるので、ぜひ試してみてください。

IT,技術ネタ

Posted by スングル