SupermicroのFANの最低最大回転数の手動設定方法(Windows編)

はじめに

今回は技術ネタになります。
SupermicroのFAN設定がIPMIのGUI画面からは細かな設定が出来ません。
それでコマンドから設定する方法をご紹介したいと思います。

Windows用のアプリをインストールします。

下記より、Windowsの64bit版をダウンロードして、解凍して使います。

設定方法

1.ipmiutilを解凍したフォルダで、コマンドプロンプトを実行します。
2.下記のコマンドでFANの情報が見れるのを確認しましょう。

ipmiutil sensor -N <対象サーバのIPアドレス> -U <ユーザー名> -P <パスワード> -c -g fan

例えばこんな感じで書きます。

ipmiutil sensor -N 192.168.1.8  -U ADMIN -P ADMIN -c -g fan

3.コマンドの結果より、変更したいFANの「SNum」をメモします。

ipmiutil sensor version 3.18
Connecting to node  192.168.1.8
-- BMC version 1.01, IPMI version 2.0
 ID  | SDRType | Type            |SNum| Name             |Status| Reading
03ae | Full    | Fan             | 41 | FAN1             | OK | 5040.00 RPM
03f1 | Full    | Fan             | 42 | FAN2             | OK | 5040.00 RPM
0434 | Full    | Fan             | 43 | FAN3             | Absent | 0.00 na
0477 | Full    | Fan             | 44 | FAN4             | OK | 5180.00 RPM
04ba | Full    | Fan             | 45 | FAN5             | Absent | 0.00 na
04fd | Full    | Fan             | 46 | FAN6             | Absent | 0.00 na
0540 | Full    | Fan             | 47 | FAN7             | Absent | 0.00 na

4.下記のコマンドでFANの設定を行います。

ipmiutil sensor -N <対象サーバのIPアドレス> -U <ユーザー名> -P <パスワード> -n <SNum> -l <最低回転数> -h <最大回転数>

例えばこんな感じで書きます。2行目のようにIPMIの仕様もよっては、設定値を並べて書く必要があります。

ipmiutil sensor -N 192.168.1.8 -U ADMIN -P ADMIN -n 41 -l 200 -h 1900
ipmiutil sensor -N 192.168.1.8 -U ADMIN -P ADMIN -n 41 -u 100:100:100:25400:25400:25500

まとめ

いかがでしょうか?

GUIで設定できない部分なので、この情報が皆様にも役に立てばうれしいです。

IT,技術ネタ

Posted by スングル