Web会議システムでカメラのズーム機能を使う方法(CamZoomKeeperの紹介)

はじめに

ノートPCに標準搭載されているカメラなど、光学ズームがついていないカメラを使っている方が大部分だと思います。そんな時、もうちょっと自分の顔が大きく写せたらいいのにっと思うことはありませんか?
しかしZOOMなどのアプリでは、なぜかデジタルズーム機能が無いんですよね・・・。

ということで、今回はその不満を解決するソフトを紹介したいと思います。
「ZOOMでズームする。」「ZOOMでデジタルズーム機能を使う、ソフトです。

といってもそんなソフトは無いので、ちょこっと作ってみました。
その名も「CamZoomKeeper」です。

ダウンロードとインストール

下記よりダウンロードしてください。(Windows10版のみ)

インストールの必要はなく、解凍後、「CamZoomKeeper.exe」をダブルクリックするだけです。

機能

単にカメラのズーム設定を変更できる、とてもシンプルなアプリです。
ZOOMなどのWeb会議システムと一緒にこのアプリを起動して利用することが出来ます。
使い方は、ZOOMなどで利用しているカメラを選択し、ズーム設定をいじるだけです。

その他の機能は以下のとおりです。
・アプリはシステムトレイに入れて駐在させることが出来ます。
・カメラを利用しているアプリが、自動的にカメラ設定をリセットかけても、自動的に設定されているズーム設定を再適用します。
・2回目以降の起動では、設定値を覚えている為、再度設定を行う必要はありません。

まとめ

いかがだったでしょうか?このページを使ってアプリ公開するのは初めてになりますが、何か不具合や追加要望がありましたら、Twitterなどを通して教えてくださればと思います。