マレーシア空港(KLIA)でラウンジホッピングが出来なくなった(回避策あり)

はじめに

ビジネスクラスやJALなどのステータスを利用して楽しみにしているのが、ラウンジの利用だともいます。わざわざこの為に、飛行機に沢山乗って修行して、そのステータスを取る方も多いですよね。

しかし最近、KLIA内でもラウンジホッピングに規制がされるようになりました。
(私も普段東京行きのJALに乗らなかったので気づかなかったんですが・・・)

どういう事?

今回、マレーシア空港のJAL指定ラウンジに行ったら、ハンコを押されました。それが下の写真です。

ラウンジに入る時には、航空券のチェックを行いますが、その航空券にこんな感じでハンコを押されてしまうんですよね。なので、次のラウンジへ行くとここをチェックして、入室を断られるってシステムです。
なんでこんな事しているのか分かりませんが、困りますよね。

JAL指定ラウンジは、日本人が好む料理やビールがあっていいんですが、狭いのと、混むんですよね。一方、マレーシア空港の指定ラウンジは、とにかく広くてゆっくり出来ます。疲れた時は、仮眠できるスペースもあったりと、なかなか良いので使い分けていたのですが。残念です。

対処方法

しかしこのシステムなら、上手に対処すれば、ラウンジホッピング出来ちゃいます。やるかやらないかと言えば、私は面倒なのでしませんが、以下のようにすれば、回避が可能だと思います。
ちょっと事前準備は入りますが・・・

①.事前にWebチェックインして、チケットを印刷しておく。
②.カウンターで荷物を預ける時に、新たにチケットを発行してもらう。

こうすると、実質2枚になるので、ラウンジに入る時に、片方ずつ見せれば、入室出来ることになります。

まとめ

いかがだったでしょうか?色んなところで制限が強くなっていきますね。もしマレーシアでラウンジホッピングする予定の方はお気をつけくださいね。