ラズパイにJupyter Notebookを入れる方法

はじめに

ラズパイでPythonが簡単に動く環境を作ってみたいと思います。

インストール方法

1.必要なパッケージをインストールします。

sudo apt-get install python3-pip
sudo pip3 install --upgrade pip
sudo pip3 install jupyter

2.Jupyter Notebookの設定ファイルを作成する。

jupyter notebook --generate-config

3.ログインするための、パスワードを設定する。

jupyter notebook password

4.設定ファイルを編集する。
今回は以下の設定を行っています。

  • 外部から接続可能。
  • ブラウザは起動しない。
  • ターミナルコマンド禁止。

sudo nano /home/pi/.jupyter/jupyter_notebook_config.py

c.NotebookApp.ip = '*'
c.NotebookApp.open_browser = False
c.NotebookApp.terminals_enabled = False

各種ライブラリをインストールする。

※NumPyやMatplotlibの詳しくは下記のページが参考になります。

1.NumPyをインストールする。

sudo apt-get install libatlas-base-dev
pip3 uninstall numpy
apt install python3-numpy

2.Matplotlibをインストールする。

sudo apt install python3-matplotlib python3-tk
sudo pip3 install matplotlib pytk

3.mplfinanceのインストール。

sudo apt-get install libopenjp2-7-dev
sudo pip3 install mplfinance

4.ta-libのインストール

wget https://sourceforge.net/projects/ta-lib/files/ta-lib/0.4.0/ta-lib-0.4.0-src.tar.gz
tar -xvf ta-lib-0.4.0-src.tar.gz 
cd ta-lib 
./configure --prefix=/usr
sudo make 
sudo make install
sudo pip3 install ta-lib

繋いでみよう

以下で接続することが出来ます。

http://raspberrypi.local:8888/

自動起動

1.サービス用のファイルを作成

sudo nano /etc/systemd/system/jupyter.service

2.設定ファイルの内容を記載する。

[Unit]
Description=Jupyter Notebook

[Service]
Type=oneshot
WorkingDirectory=/home/pi/
ExecStart=/usr/local/bin/jupyter notebook
User=pi
Group=pi

[Install]
WantedBy=multi-user.target

3.サービスの動作テストと有効化。

sudo systemctl start jupyter
sudo systemctl enable jupyter
sudo systemctl status jupyter

まとめ

いかがだったでしょうか?とりあえずの環境はこれで完成です。
次回から、この環境を作って面白いものを作っていく企画が出来ればなっと思っています。
よろしくお願いします。