ランカウイ島での免税を調べてみた

はじめに

KLから往復で安ければ5千円ほどで行けるランカウイ。行かれる方も多いのではないでしょうか?
私も今年、免税の島のランカウイ島へ行ってきました。
免税と言えば、マレーシアでは高いお酒を買ってくるしかないとっと思いますが、日本よりも規制がコロコロ変わるマレーシア。調べておかないと、痛い目に合います・・・。

実際どうなの

結論から言いますと、1人1リットルまでです。

過去の他の人のブログには、最大5リットル購入出来るようなことが書いているページもあります。
この規制を調べたところ、2016年11月より、1ヵ月あたり以下の制限で購入できるようになったようです。

  • 最大5リットルの酒類
  • ビール最大3ケース
  • タバコ最大3カートン

しかしこの規制は購入できる量の規制であり、ランカウイ島の外に持ち出せる量ではありません。

注意しないといけないのは、購入出来ても持って帰れないという事です。

一応例外はあって、48時間以内に他国に渡る、もしくはクルーズで移動するのであればOKだそうです。当然他国に持っていく時には、その国の規制が適用されます。

しかしこの規制調べてみると、なんと2019年3月27日に変更されて、購入制限は無くなりました。残念ながら外に持ち出せる規制はそのままです・・・
(この規制の改訂により、パスポートの提示は必要なくなりました。)

まとめ

いかがだったでしょうか?結局ランカウイ島のお酒は基本持ち出せないと考えた方がいいですね。ランカウイ空港で、X線でチェックがあるので、逃れるのは難しいですので、旅行中に十分楽しみましょう。